あまり頻繁に出会わないことが上手く付き合うためのコツ

セフレと上手く付き合うには、あまり頻繁に出会わないことが1つのコツでもあるのです。
恋人であれば、週単位で出会ってもいいわけですが、セフレとなればそうもいかないのです。

セフレとして付き合っているということは、煩わしい関係を避けたい、自分の時間を持ちたい、必要以上に気を遣いたくない、そういった思いからセフレという選択をしているわけです。

にも関わらず、恋人と同じぐらい出会ってしまえば、それはもはやセフレという関係ではなくなるわけです。
それだったら、最初から恋人として付き合うべきですし、セフレという選択をすべきではないのです。

なので、基本的には月単位、多くても月に2回ぐらいの出会いに留めておくのがいいのです。
むしろその方が、セックスをした時の快楽や興奮も高まるでしょうし、お互いにマンネリを感じなくて済むのです。

また、セフレと出会う時だけでなく、セフレとメールや電話でやり取りをする際にも、基本的には必要最低限に抑えておくべきです。
毎日のようにメールを送ったりすれば、相手にとっても迷惑に思うでしょうし、それではセフレと上手く付き合うこともできないのです。

誤解しないでほしいのが、何もセフレとは冷めた関係になれると言っているのではありません。
割り切るところはしっかりと割り切って、でもセックスをする時は濃厚な関係を築く、そういったメリハリが大事なのです。

よく、仕事とプライベートの切り替えがちゃんとできる人ほど、仕事も上手くいきやすいと言われていますが、それと同じこだと思ってもらえばいいでしょう。
セフレとして割り切れるかどうかが、上手く付き合う上での大事なコツだと言えるのです。

見た目や性格などの要素も大事ではありますが

自分の理想のセフレと付き合うためには、相手の見た目や性格なども大事な要素かもしれません。
確かに、この2つが自分の理想とマッチしていれば、理想のセフレになれる可能性は高いかもしれません。

ただ、やはりセフレはセックスをする関係なのですから、最も重要視すべきはセックスの相性なのです。
いくら見た目や性格が自分好みでも、セックスであまり満足感を得られないのであれば、セフレとして付きあうには微妙なのです。

例えるなら、見た目も良くて自分の好きな材料が多く使われてる料理でも、必ずしも自分の味に合うとは限らないのと同じことです。
見た目や性格と、体との相性というのは、全くの別物だと思った方がいいのです。

したがって、セフレ募集掲示板でセフレを探していく時でも、もちろん相手のプロフィールや写真などを基準に探していけばいいのですが、最終的にセフレとして付き合うのかどうかは、セックスをした上で判断をするようにしましょう。

それも、1回ではなく2回や3回ほどセックスをして、最終的な結論を出すのが望ましいです。
1回のセックスだけでは、できないこともたくさんあるでしょうから、その段階ではまだ結論を出せないことが多いのです。

これが恋人であれば、セックス以外の要素も重要になってくるので、セックスの相性だけにこだわる必要もないのですが、セフレの場合はそういうわけにはいかないのです。
セックスの相性が悪いとどうしようもありませんし、そことがダメだと他がどれだけ良くても意味がないのです。

だからこそ、あまり見た目や性格にこだわりすぎず、とにかくセックスをして判断していくようにしましょう。

セフレとは無断で別れてもいいのか

セフレとの付き合いを終わらせたい場合、人によって別れ方は違うと思います。
もちろん、セフレとちゃんと話し合いをした上で別れる人もいるでしょうし、普通に一言「別れよう」と告げて別れる人もいるでしょう。

ただ、中にはセフレに一切伝えることなく、無断で別れる人もいるのです。
セフレから連絡があっても無視して、音信不通になって別れるわけです。

確かに、セフレとは体だけの付き合いですし、完全に割り切って付き合っているわけですから、別れ方にはあまりこだわる必要はないかもしれません。
ただ、やはり無断で別れるというのは、人として控えるべきだと言えます。

相手からすれば、まだ付き合っている気持ちでいるわけですから、いきなり連絡が取れなくなってしまうと、気持ちの方がなかなか切り替えられなかったりするのです。

それに、相手の都合というのもあるわけですし、もしかしたらセックスをする日には毎回有給を取ったりして、わざわざ日を空けてくれている可能性もあるわけです。

そんな状況で無断に別れてしまうと、相手に迷惑をかけることにもなるわけです。
アルバイトを無断で辞めたり、予約を無断でキャンセルするのと同じで、連絡をしないという行為は非常に自己中心的なのです。

だからこそ、一言でも構わないので相手に別れる旨を伝えるようにしましょう。
それが、セフレとして云々以前に、人として最低限すべきことなのです。

逆に、別れることをちゃんと伝えたのであれば、相手の意思に関わらず別れても構いません。
セフレはいつ別れてもいいことが前提条件なのですから、相手があまり納得していなくても別れてもいいのです。